契約形態の種類の選び方のコツ

このように契約形態それぞれでメリットがありますが、家を売ることを検討している人の中には自分にはどのような契約形態が適しているのかわからない人も少なくないでしょう。
例えば比較的需要が高いエリアに土地や建物を所有している人は一般媒介契約を選択しましょう。基本的に需要の高いエリアにおいては購入してくれる顧客も多いので一般媒介契約を締結してもスムーズに売ることができる可能性が高いです。また、もし公に公開したくない人の中には一般媒介契約を締結する人もいます。

売却を急いでいる人や不動産買取を検討している人の中には専任媒介契約や専属専任媒介契約を締結する人が多いです。
OKサインをする女性その理由は積極的な宣伝活動によって売ることができる可能性が高く、短期間で売れることもあります。

また、不動産によっても異なりますが、不動産買取を実施してくれるところもあるので、もし購入者を募り、自身が所有する物件を買ってくれる人が見つからなかった時、最終的には所有していても税金がかかるので、不動産に買取をして欲しいと考えている人は専属専任媒介契約を締結する人が増えています。

このようにそれぞれの人で所有する家は異なりますが、家やその人の要望に合わせた契約形態を選択して後悔の少ない家の売却を実現しましょう。


参考資料

  • 専属専任媒介VS専任媒介VS一般媒介
  • 専属専任媒介契約について

    契約形態には一般媒介契約だけでなく、専属専任媒介契約などの契約形態も取り扱う業者も存在します。専属専任媒介契約を締結すれば家を売るために他の不動産会社と契約を結ぶことができなくなります。しかし、一般媒介契約と同様に専属専任媒介契約を結ぶことでメリットを得ることができます。

    握手メリットの一つには売りたい家の販売状況などを明確にできることです。基本的に専属専任媒介契約を締結した時、不動産会社は売り主に販売状況を報告する義務が生じます。当然、専任媒介契約でもこの義務が生じますが、それよりも高く報告頻度が設定されているので、不動産会社は定期的に販売状況を売り主に報告しなければなりません。つまり、売り主は販売状況を把握しやすいので、安心して不動産会社に任せられます

    その他のメリットとしては広告費用を多くかかえてもらえる可能性があることです。実際に家を売るためには多くの人の知ってもらう必要があることは周知の通りです。確かに不動産売却であれば宣伝活動の必要性はありませんが、購入者を募って売る方法の場合、自身が所有する物件を気に入ってくれる人も見つけなければなりません。専属専任媒介契約であれば他の業者が介入しないので、積極的な宣伝活動を期待できます

    一般媒介契約について

    実際に不動産会社で家を売るために契約できる形態は複数あります。例えば一般媒介契約です。一般媒介契約の特徴は複数の業者と契約をすることができることです。複数の業者と契約ができることでどのようなメリットがあるのでしょうか。

    一般媒介契約を結ぶメリットとしては、不動産流通標準情報システムに登録しなくても家を売ることができるので、公に公開する必要がないことです。
    実際に公に公開をしたくない人は一般媒介契約を結ぶ人も少なくありません。
    また、更にプライベートに物件を売りたいと考える人の中には不動産売却を検討する人もいます。

    その他のメリットは家を売るチャンスが広がることが挙げられます。
    一般媒介契約では複数の業者に同時に不動産売却の依頼ができるため、購入希望者の目に留まる可能性が高くなります。
    反面、積極的に営業活動を行っても他社で契約が決まってしまう可能性があるため、不動産会社の取り組みはひかえめになる点がデメリットとも言えます。

    しかし、自分で購入者を探すこともできる契約形態のため、親戚や知人などに購入してもらえる場合は一般媒介契約の方が有利になります。
    不動産会社に支払う手数料が不要になるためです。


    関連する記事

  • 家を売る際の不動産会社との契約形態について知ろう
  • 専属専任媒介契約について
  • 契約形態の種類の選び方のコツ
  • 家を売る際の不動産会社との契約形態について知ろう

    住宅現在では持ち家で住んでいる人は多くいます。
    持ち家は住宅ローンを組んで購入できるため、ある程度の頭金があれば購入できる人は多いです。
    家を購入して数年後に新しい家を購入するために家を売る人もいます。
    また、自分が住んでいない住居を手放すために家を売る方も珍しくありません。
    その理由は相続などで物件を譲り受けることがあるからです。
    もし家を売る時には予め把握しておきたいポイントがたくさんあります。

    そのポイントの一つとして挙げられるのが、高く売るためのポイントです。
    実際に家を売るのであれば相場に近い値段でできるだけ高く売却したいと考えるのが一般的です。高く売ることで次に購入する住宅の頭金の補填や、リフォーム費用を多くの割合をそれで賄うことができる可能性があるからです。

    高く売るためにはまず相場を知ることです。相場を知ることでおおよその土地や建物の値段を把握することができるので、自身が所有する建物が一体どのぐらいの価値なのか売却する前に把握することができます。大体の値段を事前に知ることができれば、業者に依頼をする時や交渉をする時、売却のために値段を決める時に参考にできます。また、高く売るために複数の業者を見比べて選択している人も多いです。

    業者間でサービス内容や査定価格が異なることもあります。そのため、比較をすることで高く買ってくれる業者を選択できる可能性があるからです。高く売るためのポイントの他にもどのような契約形態があるのかを知っておくことも抑えておきたいポイントの一つです。