専属専任媒介契約について

契約形態には一般媒介契約だけでなく、専属専任媒介契約などの契約形態も取り扱う業者も存在します。専属専任媒介契約を締結すれば家を売るために他の不動産会社と契約を結ぶことができなくなります。しかし、一般媒介契約と同様に専属専任媒介契約を結ぶことでメリットを得ることができます。

握手メリットの一つには売りたい家の販売状況などを明確にできることです。基本的に専属専任媒介契約を締結した時、不動産会社は売り主に販売状況を報告する義務が生じます。当然、専任媒介契約でもこの義務が生じますが、それよりも高く報告頻度が設定されているので、不動産会社は定期的に販売状況を売り主に報告しなければなりません。つまり、売り主は販売状況を把握しやすいので、安心して不動産会社に任せられます

その他のメリットとしては広告費用を多くかかえてもらえる可能性があることです。実際に家を売るためには多くの人の知ってもらう必要があることは周知の通りです。確かに不動産売却であれば宣伝活動の必要性はありませんが、購入者を募って売る方法の場合、自身が所有する物件を気に入ってくれる人も見つけなければなりません。専属専任媒介契約であれば他の業者が介入しないので、積極的な宣伝活動を期待できます