契約形態の種類の選び方のコツ

このように契約形態それぞれでメリットがありますが、家を売ることを検討している人の中には自分にはどのような契約形態が適しているのかわからない人も少なくないでしょう。
例えば比較的需要が高いエリアに土地や建物を所有している人は一般媒介契約を選択しましょう。基本的に需要の高いエリアにおいては購入してくれる顧客も多いので一般媒介契約を締結してもスムーズに売ることができる可能性が高いです。また、もし公に公開したくない人の中には一般媒介契約を締結する人もいます。

売却を急いでいる人や不動産買取を検討している人の中には専任媒介契約や専属専任媒介契約を締結する人が多いです。
OKサインをする女性その理由は積極的な宣伝活動によって売ることができる可能性が高く、短期間で売れることもあります。

また、不動産によっても異なりますが、不動産買取を実施してくれるところもあるので、もし購入者を募り、自身が所有する物件を買ってくれる人が見つからなかった時、最終的には所有していても税金がかかるので、不動産に買取をして欲しいと考えている人は専属専任媒介契約を締結する人が増えています。

このようにそれぞれの人で所有する家は異なりますが、家やその人の要望に合わせた契約形態を選択して後悔の少ない家の売却を実現しましょう。


参考資料

  • 専属専任媒介VS専任媒介VS一般媒介