一般媒介契約について

実際に不動産会社で家を売るために契約できる形態は複数あります。例えば一般媒介契約です。一般媒介契約の特徴は複数の業者と契約をすることができることです。複数の業者と契約ができることでどのようなメリットがあるのでしょうか。

一般媒介契約を結ぶメリットとしては、不動産流通標準情報システムに登録しなくても家を売ることができるので、公に公開する必要がないことです。
実際に公に公開をしたくない人は一般媒介契約を結ぶ人も少なくありません。
また、更にプライベートに物件を売りたいと考える人の中には不動産売却を検討する人もいます。

その他のメリットは家を売るチャンスが広がることが挙げられます。
一般媒介契約では複数の業者に同時に不動産売却の依頼ができるため、購入希望者の目に留まる可能性が高くなります。
反面、積極的に営業活動を行っても他社で契約が決まってしまう可能性があるため、不動産会社の取り組みはひかえめになる点がデメリットとも言えます。

しかし、自分で購入者を探すこともできる契約形態のため、親戚や知人などに購入してもらえる場合は一般媒介契約の方が有利になります。
不動産会社に支払う手数料が不要になるためです。


関連する記事

  • 家を売る際の不動産会社との契約形態について知ろう
  • 専属専任媒介契約について
  • 契約形態の種類の選び方のコツ